【中学受験】栄光ゼミナールで半年たった小3娘の状況

中学受験2

3年生になったばかりの5月に、中学受験に向けて『栄光ゼミナール』に通いだした娘。
それまでの習い事は、ピアノ・スイミング・習字・英会話。(このうちピアノとスイミングのみ4年間継続中)

公文などのお勉強系の習い事は、一切したこと無し!
毎月送られてくるチャレンジは、ほぼやらないままで、赤ペン先生に提出したのも2回位しかないというひどい状態!!(入塾と同時にチャレンジは辞めました・・・)

こんな状態で入塾したので、最初は塾の宿題をこなすだけで2時間くらいかかり( ;∀;)母娘でクタクタになっていたのですが、数か月たちすっかり慣れて一人で30分もあれば終わるようになりました。
(理解できているかは別として、とりあえずこなせてる状態)

自分で行きたいと言い出しただけあり、宿題だけで何時間もかかり苦しんでいた最初の頃から、ずっと塾は楽しいようです。
(ちゃんと勉強してるのかな?!www)
学校で習ってないことが、出来るようになるのも嬉しいようです。

そんな楽しい塾生活を送っていますが、この半年で「全国統一小学生テスト」を受けたり、「塾内模試(アタックテスト)」も数回受けたりしているうちに、不安な気持ちが出て来ている娘。

学校のテストは、だいたい90〜100点で、娘はお勉強に多少なりとも自信があったのかもしれません。(親から見ると完全に”中の中”です・泣)
その状態から『偏差値』というものを初めて突き付けられて、子供ながらに現実を感じているようです。
まだまだ小さな3年生で、そんな思いをしなくても良いのに・・・と思う母心ですが、「偏差値の母数が、中学受験をしたい子しか受けてない。学習に関心の高い子のみが受けている中での偏差値」だということを、子供にも説明しましたが、やはりショックはあるようです。

小さな子供に、かわいそうな気もしますが、本人から言い出して始めた中学受験生活。
こんなものは、まだまだ序章です。これからの3年2か月、本人の気持ちを盛り上げつつ行きたいです。

昨日も、寝る前に「ランドセルにつけてる学業のお守りが効いてない気がする・・・」と相談してきました(笑)
話を聞くと「読解が苦手になって、音読も頑張ってるけど出来るようにならない」と。
「お守り」頼りな娘の発想が、まだまだチビで可愛いなとほっこりすると共に、そんな事まで感じるようになったんだなと成長も実感しました。

確かに親の私から見ても、算数に比べて国語、読解が苦手な娘。どうにか苦手を克服させてあげたいなと考えています。
知識問題は国語・算数ともに、模試でも大丈夫なので毎日の基本学習の積み重ねが活きてるのだと思いますが、知識を活用したり考えて発展させることが苦手なところが親としては気になります。

とはいえ、まだまだ3年生。時間はあるので焦らずに・・・と自分と子供に言い聞かせて。
中学受験は、たった一度しかない取り返しがつかないと焦る思いと、フルタイム共働きで心身ともに完全なフォローが出来ない現実・・・・・
揺れ動きながら引き続き頑張ります!

関連記事

中学受験2

【中学受験】サピックス4年生冬期講習 日程と内容/ハードになってきた~

中学受験2

【サピックス】5年生夏季講習のカリキュラム スケジュール・宿題の量など 2020...

中学受験2

サピックスAコース偏差値32スタートから1年後/娘の直近偏差値3回分

中学受験2

【サピックス】新4年生 春期講習スケジュールと宿題量

赤シートめがね5

【中学受験】赤シート暗記!めがねバージョンが超便利!/デイステ・コアプラス・言葉...

中学受験2

【サピックス】2週間休講ー初めての映像授業が公開!サピックス休講時の対応